Spring REIT

REIT管理会社
REIT管理会社

取締役会及び各種委員会

取締役会

豊島俊弘会長、非執行取締役

豊島俊弘はSAMLの取締役会会長及び非執行取締役に2013年1月29日に選任されました。豊島はマーキュリア インベストメントにおいて2005年10月の設立以来の取締役で、2008年10月に同社代表取締役社長CEOに就任し、現在に至ります。1985年4月から2008年10月まで日本政策投資銀行に勤務しており、うち2001年7月から2004年9月までは世界銀行でアフリカ四ヶ国における民間部門政策担当・民間部門上級専門職員として勤務していました。

石野英也非執行取締役

石野英也はSAMLの非執行取締役に2013年4月10日に選任されました。2008年6月からマーキュリア インベストメントに勤務し2010年3月に同社取締役COOに就任し、現在に至ります。石野は1986年4月から2000年3月までソロモン・ブラザーズ(東京)に勤務した後、2004年3月からはスポーツ関連インターネット・コミュニティー・サービス及び取引プラットフォームのプロバイダー、スポーツバンガード株式会社の共同発起人でした。

佐柄木伸匡執行取締役、マネジング・ディレクター

佐柄木伸匡は2013年4月10日にSAMLの取締役に選任され、同社のResponsible Officerの一人です。佐柄木は、 (i)本物件のリーシング統括(リース戦略立案及び賃貸条件決定)と賃料収入の最大化、(ii)本物件のメンテナンス活動に関する予算策定監視、(iii)北京の現地チーム・メンバー及びプロパティ・マネジャーとの協力によるキャッシュ・オペレーションの管理、及び(iv)本物件の評価の取得や鑑定報告書のレビューと分析、などの統括を主な職務としています。

2008年9月にマーキュリア インベストメントにヴァイス・プレジデントとして参画し、2012年1月からは同社マネジング・ディレクターとなりました。2007年7月から2008年9月までは株式会社リプラス(東京証券取引所上場会社)の海外投資グループ主任を務めました。2004年8月から2007年7月まで東京スター銀行ヴァイス・プレジデント、2002年7月から2004年8月まで日本GMACコマーシャル・モーゲージ株式会社のアシスタント・ヴァイス・プレジデント、さらに2000年3月から2002年7月までは、日本UBS Warburg証券株式会社アソシエート・ディレクターでした。

LEUNG Kwok Hoe, Kevin(梁國豪)執行取締役、マネジング・ディレクター

梁國豪は2017年1月にSAMLの取締役に選任され、同社のResponsible Officer(香港証券先物取引委員会に認められた執行責任資格者)の一人です。梁は金融や財務、投資・ファンド管理に22年以上の経験を有しています。

SAMLへの参画以前は、2006年から2017年1月まで10年超、Henderson Sunlight Asset Management Limited (Sunlight REIT (証券コード: 0435)の管理会社) の投資・IRゼネラル・マネージャー及びResponsible Officerを務めていました。また、2004年から2006年までLink Asset Management Limited (Link REIT(証券コード: 0823)の管理会社)のインベストメント・マネージャーを経て、同社のResponsible Officerを務めていました。

梁はシドニー大学で経済と法律の学士号を取得しています。また、梁はCFA資格保有者です。

Simon MURRAY(サイモン・マレイ、馬世民)独立社外取締役

Simon MURRAY(馬世民)はSAMLの独立社外取締役に2013年に選任されました。1998年にプライベート・エクイティ・ファンド管理会社General Enterprise Management Services Limitedを設立。2015年7月以来非常勤会長に就いています。また、下記の企業の独立社外取締役である:(i) 1992年7月以来Orient Overseas (International) Limited (証券コード:316); (ii) 1994年3月以来Wing Tai Properties Limited (stock code: 369) (iii) 2015年2月以来Cheung Kong Property Holdings Limited (証券コード:1113);(iv) 2016年3月以来IRC Limited (証券コード:1029);また、下記の企業で非執行取締役を務めています:(v) 2010年8月以来Greenheart Group Limited (証券コード: 94); (vi) 2003年10月以来Compagnie Financiere Richemont SA (スイス証券取引所); (vii) China LNG Group Limited (証券コード:0931)。

マレイ氏はHutchison Whampoa Ltdの執行取締役を10年間務めていました。過去、2010年から2014年までEssar Energy plc(ロンドン証券取引所)の副会長及び独立社外取締役;2011年から2013年までGlencore International plc(ロンドン証券取引所及び香港証券取引所(証券コード: 805))の非常勤会長;2007年から2010年までVodafone Group Plcの非執行取締役;1999年から2013年までSino-Forest Corporation(トロント証券取引所)の独立社外取締役などを歴任しました。

Yiu Kin LAM(林耀堅)独立社外取締役

ラム・ユーキンは2015年1月12日付をもってREITマネージャー担当独立社外取締役として選任されました。香港技術工科大学から1975年6月に学士号を取得し卒業しました。ラムは公認会計士協会(ACCA)、イングランド・ウェールズ公認会計士教会(ICAEW)、オーストラリア公認会計士教会(ICAA)、香港公認会計士教会(HKICPA)の会員であり、さらに、香港技術工科大学の名誉研究員です。

会計、監査、ビジネスコンサルティングに広範で深い実績があります:1997年から2003年には香港証券取引所の上場委員会並びに財務報告顧問委員会の委員であったほか、1994年から2009年まで香港公認会計士協会の委員会委員、さらに、1993年から2013年までは香港PwCのパートナーでした。現在、Shanghai Fudan-Zhangjiang Bio-Pharmaceutical Co., Ltd.(証券コード:1349); Vital Mobile Holdings Limited(証券コード:6133); Global Digital Creations Holdings Limited(証券コード:8271); Shougang Concord Century Holdings Limited(証券コード:0103); COSCO SHIPPING Ports Ltd (証券コード:1199); Nine Dragons Paper (Holdings) Limited(証券コード:2689); びWWPKG Holdings Company Limited(証券コード:8069)及 CITIC Telecom International(証券コード:1883)の独立社外取締役も兼務しています。

Liping QIU(リピン・チュウ、邱立平)独立社外取締役

邱立平はSAMLの独立社外取締役に2013年に選任されました。邱は中国関連案件を主に扱うプライベート・エクイティ投資会社Milestone Capitalの共同発起人で、2002年2月以来、主に高成長中国企業に投資している投資組合Milestone China Opportunities Fund I, L.P. と Fund II, L.P.の無限責任組合員です。2006年以来 Trina Solar Limited(ニューヨーク証券取引所)の取締役に就いています。また、邱はQinhuangdao Boostsolar Photovoltaic Equipment Co., Ltd.(2014年8月以来新三板上場)の取締役に就いています。


取締役会関連委員会

Spring REITの経営陣は透明性と説明責任を特に重要視しています。SAMLでは監査委員会(audit committee)、開示委員会(disclosure committee)、報酬委員会(remuneration committee)、選任委員会(nomination committee)、顧問委員会(advisory committee)からなる取締役会関連委員会を設置し、国際的な企業統治標準のベストプラクティスを採用することで、Spring REITの経営の継続的な透明性を確保しています。

SAMLの組織図は下記の通りです。